プロフィール
松華
松華
介護付きの有料老人ホームのブログです。
日々の生活をつれづれに綴っていこうと思いますので、
気長にお付き合い下さい。
アクセスカウンタ
名言集.com
Information
 › 介護付き有料老人ホーム 松華

2019年11月11日

秋は短し食せよ乙女

食欲の秋ですicon28
先日のハロウィン当日はスイートポテトならぬカボチャを使ったスイートカボチャを作りましたicon12



バーナーでちょっと焦げ目をつけると甘く香ばしい匂いが立ちこめますicon14



集まってきた人達で試食タイムですflower
旬のカボチャの珍しいお菓子ですが好評でしたhare02



こちらは職員さんが自宅でとれた瓜をたくさん持ってきてくれました。そういえばカボチャも漢字表記は南瓜と書くので、瓜の一種でしたね。



こちらのウリはオブジェとして玄関に飾ってありますが、みそ汁の具にしてもいいし浅漬けにしてもいいそうです。今はクックパットなどで驚くほどいろいろなレシピを調べられるので調理のレパートリーがワクワクするほど広がりますね!

食欲の秋は体重増加の危険シーズンですface07
運動の秋も少し意識してまいりたいと思いますase01  


Posted by 松華 at 15:04Comments(0)グルメほのぼの

2019年11月07日

日に日に乾いていく・・・

食欲の秋、実りの秋ですねmashroom
松華には一本の柿の木がありますが、残念ながらそれは渋柿なのですface07
窓から柿の木を眺める利用者様が「もったいないね~。なんで誰もとらないんだろう」と日々つぶやいていたので収穫する事になりましたhare02



高枝バサミを使って籠を持つ人と受け取る人が協力しながらドンドン収穫します。



大量に取れましたface01
籠の重さが喜びの大きさですicon14



もちろん、渋柿はそのままでは食べられないので一手間必要ですicon09
男性陣が収穫した柿を、今度は女性陣が包丁でどんどん剥いていきます。



剥いた柿は一つ一つ丁寧に吊るしてもらいます。



この晴天に並ぶ柿が壮観ですね!
日に日に変化していく柿の様子が楽しみですhare03



以前干し柿を作った時は失敗してカビが生えてしまった事がありました。
今回は定期的に焼酎を霧吹きしながらきちんと天日に当てて、大事に育てていきたいと思います。
いずれ、じょじょに柿が干されていく模様をお伝えしたいのでご期待ください。  


Posted by 松華 at 11:51Comments(0)グルメほのぼの

2019年10月30日

ようやく行けました!

今月の初めの頃ですが、ようやく安中市の鉄道文化村へのお出かけができましたhare02
思い返せば6月の外出行事の時に富岡の芍薬園と鉄道文化村の2択で利用者様に行きたいほうを選んでもらっていました。その際、鉄道文化村を選んでくれた方は、天候に恵まれなかったり施設の都合等で延期になっていたら真夏に突入してしまい涼しくなる秋まで待って頂く事になってしまいましたface07
大変申し訳ございません・・・icon11



ですが、お待たせしてしまった分ゆっくりと観光してくる事が出来ましたkobushi01
鉄道文化村も20周年を迎えたようで平成9年に旧碓井線が廃線になった後も、当時の想い出を引き継ぐ役割を担ってくれていますicon12



平日にも関わらず観光客で賑わっていました。多くの計器類が並んだ操縦席に座ると男心に火がつきますねicon14
一時流行った『電車でGO!』を思い出しました。



ミニアプト号が村内を走っており実際に乗る事も出来ますkirakira01
車イスで直接乗り込む事が出来るのもありがたいですtrain



道行く人が皆手を振ってくれます。鉄道にのると旅行に行く時のようなワクワクとした高揚感があるから不思議ですface01



広場では遠足に来た子ども達がお弁当を食べていましたfood



このアングル、『世界の車窓から』を意識してますtrain
下の橋もメガネ橋っぽいですね。



鉄道資料館内には碓氷峠を模した大型ジオラマがありました。



盛りだくさんで、なかなか見応え抜群の鉄道文化村、おススメですhare01
市内に住んでいると身近な観光地ってかえって足が遠くなりますが地元の歴史を知るいい機会にもなりましたflower



そうこうしているうちに今度は秋のお出かけシーズンですkobushi01
今回も皆さんに行きたい場所を選んで頂く予定です。
『紅葉狩り』と『磯部の菊祭り』です。
今のところ、やや菊祭りのほうが希望者が多そうな様子ですが・・・
いずれブログでその模様をお伝えできるかと思いますのでご期待ください!  


Posted by 松華 at 16:20Comments(0)つれづれイベント

2019年10月23日

カボチャが美味しいです♪

来週の31日はもうハロウィンですねhare01
年々各地でのハロウィンイベントも賑やかになってきていて
安中市でも廃校を利用したホラーなイベントがあるようですkumo01
スーパーでも飾り用の1メートルくらいのでっかいカボチャが売っていてビックリしましたface08



ハロウィンは西洋の収穫のお祝いですが、日本でも稲刈りの時期ですね。先日の台風の影響が心配されますmizu



松華でもひっそりとハロウィンの装飾が進んでいますkirakira01
まだまだ馴染みのない方の多いイベントですが、いずれクリスマスぐらいメジャーな催しになっていくのでしょうか?



日暮れも早くなり10月初旬の暑さが嘘のように冷え込む日が増えました。コタツはおろか冬布団もまだ出していない我が家は朝方の冷え込みで目を覚ますこともチラホラ。
インフルエンザも心配な時期になってきます。
カボチャに含まれるβカロチンを摂取して免疫を高めてまいりましょうicon14  


Posted by 松華 at 12:08Comments(0)グルメイベント

2019年10月17日

台風は過ぎましたが・・・

ようやく先日の台風19号の混乱も落ち着き、松華では日常が戻ってきていますが、被災された地域の方々はまだまだこれからが大変な状況です。今回で改めて日頃の備えの大切さが身に染みました。安中市にある私の自宅周辺でも避難勧告がでて、松華でも何度か停電がありました。TVで浸水した老人ホームが入居者の方をボートで避難をさせている様子をみて、とても他人事ではいられません。いざ、避難所に行っても認知症もある入居者の方をどう介護するのか?当面の食料や防寒具やオムツ類は自分達で持って避難しなければいけませんし、職員自身やその家族も被災しかねない状況下で、どれだけ人手を集めてどう連携して…と想像するだけで非常に困難な状況下である事は容易に想像できます。今後の防災訓練の課題が山のように出てきています。



今回の事で平時の穏やかさの大切さが身に染みます。花を見て『綺麗だなぁ』と思えることがどれだけありがたいことか・・・
こちらはケイトウでしょうか?燃えるような赤が印象的ですflower



コスモスとマリーゴールドもあちこちにみられるようになると毎年秋を実感しますkirakira01



また、職員さんが先日、菊を使って生け花を実演してくれましたhare01



利用者様の協力をもらいながら皆で完成に近づけていきます。



いつもながら草月流の自由な表現に憧れます。この枝は山に材料を探しに行って見つけたそうなのですが、
『いつも見つけた材料からインスピレーションをもらうの?それとも何かテーマを決めて、それに見合う材料を探しに行くの?』と疑問を投げかけると『両方ですね~』とのことでした。
それにしても、この菊を横断する枝のダイナミズムが好きですicon14

こうした大きな災害があると普段は考えない考え事が増えます。
もっと本当は大事にしなければいけない事に気付けたり向き合うきっかけにもなっているのかもしれません。
喉も過ぎれば・・・にならないように自戒をしてまいりたいと思いますicon10  


Posted by 松華 at 12:24Comments(0)独り言

2019年10月09日

ノラ速報⑩ ~ゴロ寝の秋~

春に生まれたノラの子ネコたちが大きくなってきたと思ったら、いつのまにかその数も大分増えていましたface08
暑さも一段落し、お昼寝の心地よい季節ですhare02



だら~と皆で寝そべる姿は平和そのものですface01
とてもほっこりしますmashroom



兄弟同士、親子同士でだら~んicon15



抱き合って寝ていますhare01



『いつまで寝てるんだにゃあ』『う~ん、日が暮れるまで・・・』



せまい場所にわざわざ集まってきます。そういう場所がおちつくんでしょうか?
ゆるキャラで人気の「すみっこぐらし」みたいですねflower



ある日、夜勤明けの職員さんが、ボッーと猫達を眺めています。
なかなか家路につきません・・・
背中から哀愁が漂っていますが猫達は「何があったの?」などと野暮な事は聞かずに、いつも通りの自然体で迎えてくれていますkirakira01



そんな彼も先日の敬老会ではひょっとこのお面を被り獅子奮迅の活躍を見せてくれましたicon09



猫達は日々、そんな言葉に出来ない職員さんたちの想いも受け止め、仕事のエネルギーを生み出してくれているようですflower
ありがとうございますhare02  


Posted by 松華 at 13:22Comments(0)ほのぼのノラ速報

2019年09月30日

奥深きヤーレンソーラン

緊張の瞬間ですmizu
ついに南中ソーラン節が始まります・・・



出だしはバッチリですmark01
息も合っています!・・・が、あまりの振動の激しさにCDラジカセが音飛びしてしまうハプニングが・・・face08
屋外の練習では起こりえないので想定外でしたase02



ラジカセにクッションをかませて仕切り直しですkobushi01



練習の時よりも動きがキレていましたicon14
ダイナミックな動きは迫力がありますねhare01



「あ・ソーラン♪」「ソーラン♪」



ここだけみるとマイケルジャクソンの「スリラー」のようですが当人達は真剣ですmark01
全体で4分ほどあるのですが、動きの激しさに後半はかなり息が乱れてきます。皆練習の段階で既に膝が痛かったり筋肉痛だったりするので、ここは踏ん張りどころですkobushi01



無事にフィニッシュです!
前列の利用者様がつられて一緒に踊ってくれていたのが嬉しかったですicon12
皆さん、お疲れ様でしたflower



スタッフの余興の後は、昼食ですfood
特製ちらし寿司弁当を食べて頂いている間、お祝いの色紙をお一人お一人に担当スタッフから手渡しさせて頂きましたicon12

しかしソーラン節、おもしろいですね!
この機会にいろいろな動画をみてみましたが、熟練の方の踊りはやはりスゴイ!やはり数カ月はみっちり練習しないときっちりとした型は難しいですが、踊っているスタッフさんは笑顔でとても楽しそうなのが印象的でしたface01

人前で踊る事は恥ずかしさや緊張感がありますが、
一方で幸福感を感じる作用や認知症の予防にもなる研究結果もあるとか。
今度は皆さんで踊れる盆踊りなんかいいよね!なんて話をしていましたhare02  


Posted by 松華 at 12:50Comments(0)つれづれイベント

2019年09月27日

先日の敬老会、その舞台裏

ある爽やかな風がふく午前中、夜勤明けのスタッフが駐車場で何やら舞っていますhare02
太極拳ではありません。南中ソーラン節の特訓をしていたそうですkobushi01
アイパットで動画を見ながらの練習ですが、よさこいソーランより動きが激しく、汗だくで膝が笑うまで頑張っていましたase01



ある日、スタッフが「事務所かりま~す」
すると何やら涼やかな音色が・・・



なんとハンドベルの練習でしたicon09
二人で相談しながら利用者様が喜んでくれそうな選曲を考えていました。

なんとなくスタッフさん達が慌ただしく何かをしているな、と思うと・・・
そうです!先日行われた敬老会に向けての準備でしたicon12



普段、慰問の方達の踊りや音楽を一緒に楽しませて頂いていると羨ましく思う時があります。
何か自分が楽しめる一芸を持ち、それを他の誰かにも楽しんでもらう機会が持てるって幸せな事だなぁ、と。

時代により労働観は様々に変化してまいりますが、最近様々な場所で耳にするのは「一緒に楽しもうとする姿勢が大事だよね」というものです。

「個々のニーズに応える」事は介護の命題ですが、個人の選択や価値観がどんどん多様化し日本の先行きも不透明さを増すばかりの中では、自然と迷いも大きくなります。すると何事も無難に後ろ向きに・・・という空気になりがちです。
そんな中、下を向いて歩くのではなく「何か楽しい事をしようよ!その為にまずは自分が楽しい事と思う事を一生懸命にやって、それを見てもらおうよ!」
というスタッフの気持ちにとても共感しましたflower



当日までの短い時間の合間に練習するスタッフさんを陰ながら応援するとともに、自分もドキドキしてきてしまいましたase02

スタッフさんは夜勤もしながらの変則勤務なので、なかなかお互いの時間を合わせる事が難しく、個人個人で練習をかさねていたそうです。



しかし、いざ敬老会当日のオープニングで奏でられたハンドベルの音色はとても癒される音色をしていましたicon12
多くの皆様が見守る中、緊張で間違えてしまっても笑顔でリカバーする姿が印象的でした。

そして、いよいよソーラン節の時間がやってまいりました・・・icon11(続きます)  


Posted by 松華 at 12:01Comments(1)つれづれイベント

2019年09月23日

オカリナを通した御縁

去年も来てくれた慰問グループの「シルクロード」さんですhare02
今年も澄み渡るオカリナの演奏をして頂きましたicon12



今年は「アンコール!」の声にも応えて頂きありがとうございますface01
オカリナで聞く「水戸黄門」のテーマなどとても新鮮でしたicon12



毎回慰問に来て頂く方はボランティアということで、特に大きなお礼も差し上げられず恐縮しておりましたase02
すると、今回はある入居者様が「これも何かの御縁だから・・・」と
日頃のリハビリの一環で作られている製作物をお礼に配ってくれましたflower



痺れて思うように動かない指のリハビリとして独学で凧や小物入れを作り始め、出来た作品は子どもやお世話になった人に配って喜んでもらうのが生きがいなのだそうですkirakira01



スタッフにも配って下さるのですが、そのクオリティがすごいmark02
下の小物入れなども驚くほど綺麗な正円で作られているのですが、特に型どりなどせず手で段ボールを徐々に曲げて成型するのだとかface08



なんだか星野富弘さんばりに人間の可能性を感じさせてくれますicon14
「結局人間は助け合わなくちゃいかん。こうして施設を訪れてくれる方達に自分は何ができるだろうか?と考えるとこれぐらいしかない」
との言葉に頭が下がります。

自分の病や置かれた境遇に嘆いたり憂いたりは誰しもすると思います。しかし、そこで終わらず「だけど、自分はどうする?」と一歩を踏み出す姿勢に私自身も勇気をもらうようでしたicon09  


Posted by 松華 at 13:17Comments(1)つれづれしみじみ

2019年09月18日

月は見れたでしょうか?

気づけば十五夜が終わっていました・・・face07
今年は13日の金曜日が十五夜だったんですねicon10
思い返すと天気はあまり良くなかったですが、満月にお目にかかれた方はいらっしゃるんでしょうか?



先日の敬老会の準備等でホームが慌ただしかったこともあり、十五夜の事は頭からすっ飛んでいましたmizu
ですが、きちんと十五夜の事を覚えてくれている人はいて、可愛いウサギと団子が飾られていましたicon12



ミニヒマワリに混じってススキもしっかり飾られていました。
千葉の災害を思うと、毎年の秋の収穫・恵みは決して当たり前の事ではなく、豊かに実った稲穂に感謝をする昔ながらの習慣の大切さを思い返し、反省する次第ですface07



寂しくなったアクアリウムの為に、職員さんがお仲間を買ってきてくれましたflower
コメットの名の通り彗星のような切れのある動きが特徴だそうです。



季節と共にこうして少しづつ変化がある生活が大切だそうです。

というのも最近、『月日の経つのがあまりに早いなー』と感じて少し調べてみました。
毎日変化がない生活をしていると脳が『今日もまた昨日と同じ』と上書きしてしまい、細かい情報をそぎ落として時間を圧縮したように感じてしまうのだとか。ようは脳がサボるみたいです。

だから歳をとり経験を重ねるほどに「これは知ってる」と脳が楽に処理をして時間が早く感じるんですね。エコなんですがicon10

これを防ぐ方法はいろいろあるようで
『新しい経験にチャレンジする』ことの他に
『細かい事、細部に関心を寄せる』
『代謝を上げる(早起きも有効)』
『ホラー映画を見たり緊張感を持つ』
『明るく広く賑やかな場所で過ごす』

・・・ムムム、なるほど・・・でも熱中したり好きな事をしていると時間ってあっと言う間にすぎますよね?なかなか奥が深そうです。

体感時間の差を研究してみると
『たいくつな時間が長くてイヤだな・・・』とか、逆に
『なんか何もしないうちに時間だけがドンドン過ぎてしまう・・・』
という利用者様の悩みを緩和できるヒントがあるかもと思いましたhare02  


Posted by 松華 at 12:07Comments(0)つれづれ独り言